死ぬまでの暇つぶし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ガンマ整備日誌その4(1stシーズン終了)

2010-04-28-001.jpg
キレイキレイした排気口付近。灯油ぶっかけて磨きました。さあ、装着だ!

2010-04-28-003.jpg
なんか知らないですが、最初から隙間があいてたっぽいので液体ガスケットを
盛り盛りで。写真撮った後さらに足しました。

2010-04-28-002.jpg
ガスケット。こいつも灯油に漬けた後、ワイヤブラシで磨き倒し。

2010-04-28-004.jpg
無事装着…嘘です。ガスケットが足りなくてあとからコネコネ足したり、チャンバーを
付ける時にあーでもないこーでもないとやって、折角塗装したのに傷だらけにしたり
かなりグダグダなまま装着。

で、早速ですがマフラーを清掃してみての感想。
まず音、清掃前は「ベベベベベッ」と言う感じの、ちょっとこもったような音だったのが
「ペンペンペンペンッ」という乾いた、尖った歯切れのよい音になりました。
そして実際に走らせてみて、僅かですがアクセルのレスポンスが良くなった感じ。
トルクも若干太ったようで、乗りやすくなりました。まあ、成功としておきましょう。
なんか冷めたような書き方になってますが、実は訳がありまして…

試運転を兼ねて知り合いの方に会いに行ったのですが、偶然その方もバイクで
来てまして、ちょっと乗らせてもらいました。

2010-04-28-007.jpg
TZRに。
…もうね、こいつは凄いですよ。正直驚きでした。
「所詮原付だし、ガンマも同じ7.2馬力、そんな変わらんでしょうよ」と
思っていたのですが、ガンマは初代が1983年発表、TZRは1990年。
昭和と平成の違いはでかかったです。正直、正攻法じゃガンマじゃ勝てんわ。
と言うのも、まず乗りやすい。剛性があるのかカッチリした乗り味で、さらに
タンクの形状とシートが、前傾姿勢を取った時にとてもしっくりくる。
ブレーキも段違い。ガンマは一応フロントはディスクなんですが、正直
アドレスV125のブレーキより利きません。私の自転車の方が効きます。
リヤに至っては「付いてるだけ」。あんな物飾りですよ。
それに比べてTZRはフロント、リヤともにガツンと効きます。
これなら下りでゆわkm/hで突っ込んでも安心してイケますね。
エンジンはガンマの方が低速トルクは有りますが、上まで回した時の自由度と
フレキシビリティはTZRの方が遥かに上です。(調子が悪いのもありますが)
ガンマが「ビィィ~ン」と言う音で割りあい荒々しく回るのに対し
「パッカァァァン!」と弾けるように回るTZR。社外チャンバーなのも
ありますが、これは凄い。(と言うか惚れた。欲しくなってしまいました)
うーん、ガンマをここまで持ってくには、相当いじらないと厳しいですね。
手始めにパワーフィルターとチャンバーは欲しいなあ、と思いました。
あとはせめてバックステップくらいは…。
ちなみにTZRのオーナー氏は、以前にスズキのコレダに乗っており
「ガンマはコレダみたいな感じがする。すごく乗りやすい!コレいいよ!」
とえらく絶賛しておりました。もしかしたら私はヤマハの方が肌に合い
TZRオーナー氏はスズキの方が肌に合うのかもしれませんね。
そういえば私の親父もヤマハ党だったし、血筋なのかなあ。

2010-04-28-008.jpg
しかしここまで違うとはなあ…。

おまけ
2010-04-28-006.jpg
自転車がパンクしたので、ついでにタイヤも変えました。
元はMTBなんですが、前後タイヤを細くすると雰囲気変わりますね。
ますます街乗りメインになってきました。最初からロード買えばよかったかもw

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。